メガネの手入れ方法~シンプルな鉄則~

メガネ

メガネの手入れはしてますか?
レンズにほこりや、手あか、指紋などがついて曇ったりしていませんか?

綺麗な服装でも、メガネが汚れていたりすると、ガッカリされることもあるかもしれません。


私は、普段仕事に行く時はコンタクトをするのですが、家にいる時や、オフの日の外出ではメガネをかけます。

100%のメガネ党ではないのですが、メガネはなくてはならないもの。
肌着と同じように肌に密着するものであり、毎日装着するのですから、お手入れも毎日するのが理想的ですよね。

メガネの手入れと聞いて真っ先に思い浮かべるのはレンズを拭くこと。
実際、そのくらいしかしたことないって人、多いんじゃないでしょうか?

メガネは単なる視力矯正の道具ではなく、ファッションアイテムとして、形や色、素材にこだわって愛用している方も多いはず。

私もそのひとりです。


そんな大切なメガネ。しっかりとメインテナンスして、長く愛着を持って使いたいですよね。
さて、お手入れですが、自分でやるのは2つ。

  • 洗うこと
  • ヒンジを締めること

だけです。できそうですよね?

スポンサーリンク

毎日洗う

肌着だったら毎日洗いますよね。メガネも身体にピッタリ密着するものだから、毎日洗うのは当然のことです。

フレームや鼻パッドのまわりなど、脂や垢、付着したほこりなどが溜まって、メガネの寿命を縮めてしまいます。
フレームの材質に問わず、毎日洗浄しましょう。

洗い方は簡単!


中性洗剤で洗います。台所用の中性洗剤でOK。
液体の中性洗剤を薄め、隅々まで指先で洗浄します。

よく泡立てて使うのがポイント。
泡で汚れを落とします。レンズだけでなく、フレームも洗います。
十分に洗えたら、流水でしっかりすすぎます。
洗い終えたら、十分に水気をとり、メガネクロスで優しく吹き上げます。
ヒンジ部分などに水分が残らないように隅々までしっかりと吹き上げましょう。

注意点
・お湯で洗わない。ぬるま湯もダメ。

・中性洗剤のみ。アルカリ性、弱酸性などはダメ。
成分をよく確認しましょう。(お風呂でついでに~ってのが一番ダメ)

・そもそも乾拭きもダメです。服で拭くとか。レンズに傷が付きます。

・メガネを洗ってる時、そもそもメガネをかけてないので、
よく見えていないってことに注意。

ヒンジを締める

使っているうちに緩んできてしまうヒンジ。

ゆるんだままにしておくと、ビス穴にほこりや垢がたまって、ビスが締りにくくなってしまいます。

また、いつの間にかビスが無くなってしまっているということも。


そうなる前に、日頃からチェックしておきましょう。

メガネ用の精密ドライバーは最近では100円ショップなどでも売っているので、それで十分役割を果たしてくれます。

注意点
・精密ドライバーは必ず対応するものを使うようにしましょう。
(通常プラスドライバーに対応しますが、まれにマイナスドライバー
対応のビスもあります。)

・ビスを締めるだけにしましょう。フレームのゆがみを自分で直そうと
すると、大事なメガネを壊してしまうことにもなります。


・ここでもメガネをかけていないので、よく見えないですよね。
ドライバー使用の際はレンズやフレームを傷つけないように注意しましょう。

超音波洗浄機で洗う

メガネ専門店は、超音波洗浄機が常設されているのを見かけることもあるでしょう。

メガネ屋さんにふらっと立ち寄ると、店員さんに、「メガネ洗浄しましょうか?」と声をかけられることもしばしば。
思わず、「いくらですか?」と言ってしまう私ですが、「もちろん料金はいただきません」という会話を、毎度やっています。(だって本当に無料なのか不安になるんですもん)

このようにメガネ専門店などで使われている、超音波洗浄機を使ってメガネを綺麗にする方法もあります。
超音波洗浄機は、意外にもお手ごろな価格で手にいれることができますので、メガネ党の方は手元に置いておきたいものです。

超音波洗浄機を使えば、特別なテクニックは必要なく、簡単にメガネをピカピカにできます。人の手では落としにくいミクロの汚れもキレイに落とせるのが超音波洗浄機の大きなメリットです。


しかし、注意すべき点が、いくつかあります。

注意点
長く使い、劣化しているフレームは、超音波の衝撃で壊れてしまう恐れがあります。ビスがゆるんでいないか、金具がひどくサビていないかをよく確認してから超音波洗浄機に入れましょう。

木や革、べっ甲は超音波を通さない材質なので、洗浄機にかけてもあまり効果がありません。また、これらの素材は水とも相性が悪く、材質の劣化や塗装ハゲを引き起こす恐れがあるため、超音波洗浄機の使用は不向きといえます。

超音波洗浄機にかける際は短時間で洗浄を終わらせましょう。
レンズはある程度使用していると、どうしても小さな傷がついてしまうものです。超音波洗浄機で洗浄すると、目に見えないような小さな傷が超音波の振動で広がって大きな傷になってしまうことがあります。また、レンズにできた小さな傷を「汚れ」と勘違いして超音波洗浄機に長い時間かけてしまった結果、よけいにレンズを痛めてしまうというケースも。

最後に

メガネは、カラダの一部とも言えます。理想は、毎日洗うべきでしょう。

毎日のお手入れが、長持ちの秘訣。

お気に入りのメガネを綺麗に可愛く、カッコよく身に着けていたいですね。

タイトルとURLをコピーしました