アイロンのスチームの便利な使い方

便利

毎日ではないですが、たまにアイロンをかけたりする私です。
最近のアイロンにはスチーム機能がついたものが多くあるのですが、意外と使えるんですよね。
デリケートな素材など、直接アイロンを当てると生地がいたんでしまうものも、
スチーム機能を使えばシワがとれます。また消臭までできるので皆さんも是非試してみてください。

スポンサーリンク

■デリケートな素材はスチームでのばす■

シルクやレーヨンなどのデリケートな素材は、
ハンガーにかけてスチームをかけながらシワをのばしたほうが、生地をいためることもなく、
なにより手軽です。
アイロン面を直接生地にあてないように、スチームを吹きかけていきます。
袖や裾を片手で軽く引っ張りつつ、シワがのびていくのを意識しながらスチームをあてていく。
レーヨンなどの柔らかい素材はスチームだけで十分シワがのばせます。

■ジャケットもスチームでいつもピシッと■

毎日袖を通す人も多いジャケットですが、頻繁にクリーニングに出すのは難しいですよね。
そんなときもアイロンのスチームを利用してすっきりとしたジャケットを保ちましょう。
ハンガーに吊るしたまま、よく動かす肘周辺や、背中にできたシワなどもスチームをあてれば
のばすことができます。
仕事で毎日着る人にとっては、こんな簡単なテクニックで美しく保てるのは非常に心強いですよね。

■立体的なものもスチームで生まれ変わる■

ハットなどたたむことも出来ず保管も難しいですよね。つい潰れてしまうこともあります。
こんな時もスチームが活躍します。
形の崩れたハットは、中にタオルを詰め込んで外側からスチームをあてましょう。
アイロンで撫でるようにしながらたっぷりと蒸気を含ませて形を整えていきます。
トップやえくぼをへこませたあと乾かせば、パリッと新品のようになります。

■スチームで消臭も■

ジャケットやハットも形を元に戻すだけでなく、消臭もできてしまうんです。
ジャケットは内側にスチームをあてれば、水蒸気が気になる汗のにおいも飛ばしてくれます。
自宅で気軽に洗濯できないレザージャケットの大敵は汗のにおい。
長く着たいものだけに、においも気になるところですが、スチームを利用し気軽に消臭できるんです。
着用後に気になったらハンガーに吊るして内側にたっぷりとスチームをあてましょう。
どうでしたか?
普段洗濯しづらいアイテムもアイロンのスチームで消臭できるなんて、こりゃ利用しない手はないです。
是非活用してみてください。アイロンが生活に溶け込んでいきますよ。

タイトルとURLをコピーしました