万年筆でひらがなの練習~ひらがなのちょっとしたコツ~

私は万年筆で字を書くのが好きです。ボールペンよりも万年筆で字を書きたくなるんですよね。
しかし字を書く機会が少なくなってきて、意識してペンを手にしないといけなくなってきました。
時代ですかね。
万年筆を使いたいのに書く機会がない…
しかし、私は本当に字が下手くそでした(もちろん今も上手ではないんですけどね(笑))。
なので、「字の練習をしよう。好きなだけ字が書けるやん。」と思い、練習を始めたんです。
意外にもそれが楽しくて。練習がてら万年筆に浸るといいますか、、何も強制されてるわけじゃないので
苦にもならなくてですね。
「こういう楽しみ方もあるんだな」って。
で、練習っておそらく皆さん自分の名前や住所から始めると思うんですが、どうです?
私はそうでしたね。自分の名前。友人の名前。
そうなんです。
“漢字”
ばかりに意識がいっていたんです。
しかし、文章の7割ほどは
“ひらがな”
ということに気づいたんですよ。
文章を書いて、内容はさておき自分の字をみてがっかりすることありませんか?
そうなんです!ひらがなのせいでもあるんですよ。
逆にひらがなを上手に書けたら文章の7割方はうまく見えるはず!きっと。
というわけで私はひらがなを練習することにしたんです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

ひらがなのコツ

ひらがなを書くうえでコツはいくつかあるのですが、まずは「コレ!」というコツです。
■大きさを、大、中、小と書き分ける■
ひらがなを大、中、小に書き分けると流れがでます。全部が同じ大きさだと流れに違和感が出てきます。
自然な流れにするには「大、中、小」に書き分けましょう。
「大・中・小」の比率は「10対8対6」が目安です。
それぞれに属する字と覚え方は、
①小⇒よめることもら (読める子どもら)
②大⇒われみろやねゑん (われ、見ろ屋根縁)
③中⇒①②以外のひらがな
このようにひらがなの大きさを意識して書くだけでも随分と見た目がよくなります。
文章の流れを演出したり、全体にうるおいを与えたりするのはやはり、ひらがなの効果です。
お手本は自分の書きたいと思う書体でいいのではないでしょうか。
「こんな字が書けるようになりたい」
そう思える見た目の気に入ったお手本を手元に置き、美しいひらがなの“使い手”になりましょう。
達筆でなくても丁寧に書かれた字は、美しさを感じさせるものですし、好感度にもつながると思います。
PCやスマホに触れる機会が多い今の時代にこそ、自分の字で誰かを感動させたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました