子供が勉強に集中しない時の新たな勉強スタイル!

勉強

「宿題やったの?」「勉強しなさい!」

言うのも言われるのも嫌なのに、そんな言葉を子どもにかけて、ようやく勉強しているかと思えば、なにやらダラダラとやっている様子。そんな姿を見て、イライラし、「ちゃんと集中してやりなさい!」「意味がないでしょ!」
そんな言葉を発すると同時に、「このままで大丈夫なのかな?」「どうすれば集中してやってくれるんだろう」と、将来への不安もチラついてきますよね。

仕事や家事、育児に追われ、休む間もなく、毎日が戦場のあなたに、子どもの勉強に向き合う姿勢、成績の結果が、あなたに追いこみをかけているのではないでしょうか?
遊んでばかり、ゲームばかり、そんな姿を見ていると、どっと疲れがでてしまいますよね。

子どもが自ら勉強を始め、集中してやってくれる姿をみせてくれるのならば、少しは心に余裕が生まれ安心するのですが、実際どうすれば、どう声をかければ、自分も嫌な思いもせずうまくいくのでしょうか。

ネットや本で、「子どもを勉強に集中させるには?」という内容のものは数多くあります。

例えば、

・勉強時間・遊ぶ時間のメリハリを作る
・集中力を下げるものは目に入らないところに片付けておく
・最初は短い時間から集中させる
・十分な睡眠と栄養、規則正しい生活

子どもによって、集中できるやり方は違うので、これらの対策を行ってるけど効果が出ないという方もいるのではないでしょうか。そもそも上記内容を行うのも、かなり大変です。
集中力を下げるものは目に入らないところに片付けようと、机周りをすっきりさせたとしても、勉強に使う、えんぴつや消しゴムなどが気になって、気づいたら子どもはそれで遊んでいるという場合もあります。

また、集中できる時間は一般的にこのように言われています。

・幼児期…年齢+1分
・小学校低学年…15分程度
・小学校高学年…25分程度
・中学生…30分程度
・高校生…45分程度

ゲームや遊びでは、これ以上の時間集中しているのに、どうして勉強となるとこんな時間も集中できていないのでしょう。

結論から言えば、勉強に集中させるためには、勉強に興味を持たせること、そして興味を持続させることが重要です。

では勉強に興味を持たせるには、どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

集中して楽しく勉強できる環境作り

あなたは子どもの勉強している姿をみて、楽しそうに見えますか?子どもが自ら進んで学習している姿を見れていますか?

きっとそんな姿を見ていないので、不安にもなり、つい口うるさく言ってしまったりして、自己嫌悪にもなったりしているのではないでしょうか。

またそれに加え、どうしても他の子との比較をしてしまいます
子ども自身も、同学年の子と比較される環境で生活しており、それに適応できない場合もあるでしょう。

あの子はできるのにどうしてうちの子は…」なんて気持ちがよぎってしまい、焦りも感じてしまいます。

子どもの学習速度の差に悩むあなたが、子どもにもっと勉強に集中して頑張ってほしいと願うのも無理もありません。

勉強嫌いには理由がある

勉強嫌いには理由があります。勉強が好きだという子の特徴と比べてみましょう。

勉強が好き!ってこういう子の特徴

・今まで知らなかったことを知ること自体が楽しい
・「一度理解するとどんどん問題が解ける」といった、勉強の成功体験をたくさん持っている
・「他の子が知らないことを知っている」ということが楽しい
・自分でしっかりと計画を立てて、一つ一つこなしていくのが気持ち良い

勉強が嫌い!ってこういう子の特徴

・勉強は全然分からないから、とにかくつまらない→全然分からない
・たまに勉強しても点数が上がったためしがないから、やるだけ無駄→成功体験がない
・外で友達と遊んだりゲームをしたり、勉強以外にやりたいことがたくさん!→時間が無い
・たまにやる気になっても無理な計画過ぎて、すぐに自滅→無計画

「好き」と「嫌い」が反対の言葉であるように、この特徴も正反対だというのがわかります。

大人の私たちでも、勉強が嫌いな子の特徴をよく見ると、あなたの今の生活で、思い当たるふしがあるのではないでしょうか?

「全然わからない」「成功体験がない」「時間がない」「無計画」、これらを、

「わかる!」「成功できた!」「時短で!」「計画的に!」このように変える、環境作りをしてあげればいいのです。

逆に環境を変えずにこのままにしておくと、子どもの将来、自分の将来、不安じゃありませんか?

「いやいや、そんな簡単にできることじゃないでしょ?」

そう思いますよね?

いえいえ、ピッタリのものがあるんです!それが、「すらら」という無学年式オンライン教材です。

この「すらら」の環境ならば、子どももあなたも勉強が好きになり、集中して学習に取り組むことができます。

子どもたちの将来について考えたとき、「学力」や「学歴」は大きな武器となります。もちろん「勉強だけが全てではない」という側面もありますが、それでも「勉強によって将来の選択肢が増える」のも確かです。

それに、学生のうちに勉強による成功体験を積んでいる子どもは、大きな自信を身につけることができます。

「自分はどうせできない」「がんばっても無駄だ」「できる人は最初から違う」と決めつけずに、努力を重ねることは、必ず成果につながります

そして、「努力は成果につながる」ことを実際に経験することで、「やればできる」という、人生において最も重要なマインドセットを得ることができるのです。

すららは、子どもたちがこのような経験を積むことで、将来の選択肢と未来の可能性を拡げられるよう開発された、温かい教材なのです。

「すらら」という教材について少し詳しく見てみましょう。

「すらら」という教材

すららは、全国831校の学習塾と、183校の私立学校が導入し、約7万人以上の生徒が利用しているオンライン学習教材です。
難関校へ多数の合格実績を誇る九州最大手の進学塾・英進館や、関西の名門・近畿大学付属中学校でも導入されています。
レベルの高い学習塾や上位校で導入されている理由は、授業で難しい問題を進めていくうえでも「基礎学力」が何より大切になるからです。入試向けの応用的な内容に取り組む前に、すららで基礎学力を定着させているのです。

そしてなんといっても、すららをおすすめできる最大の理由があります。それは、すららは一人ひとりの個性に合わせることにこだわった「究極の個別学習」教材だからです。

子どもによって苦手な部分や学習ペースは異なりますし、点数が伸びない原因も人それぞれです。

ですから、一人ひとりのペースや、学年に捉われない学力レベルに合わせて勉強し、学習計画を立てていけるような、オーダーメイドの学習が提供されています。

「もっとうちの子をよく見てほしい!わが子をもっと理解してほしい!」こう想う私たち親の感情を、しっかりと受け止めてくれる環境が用意されています。

無学年式だからわかる

無学年式とは、学年に関係なく生徒の学力に応じた学習をする方式のことを言います。

これに対し、学年式というのは、学習指導要領にのっとり、生徒の学年相応の学習をする方式です。

それぞれを比較してみると違いがよくわかります。

まずは一般的な学年式を見てみましょう。

<学年式>

「学年式」の家庭教材は、毎月決まった時期に、決まった学習範囲が届きます。

教材が学習量をコントロールしてくれて、学校授業の少し先の範囲が届くので、授業の「予習・復習」に効果的な学習方法です。

学習習慣が身についている子どもにはおすすめ。

<無学年式>

「無学年式」の家庭学習教材は、最初から複数学年分の学習範囲が用意されています。

子ども・親(あなた)が学習量をコントロールし、学年にこだわらず学習できるので、授業についていけない子どもは、さかのぼり学習、授業が簡単すぎる子どもは、先取りができる学習方法です。

・学校授業についていけない
・学校授業が簡単すぎる
・不登校でしばらく勉強していない
・発達障害で得意・不得意の凸凹が激しい

こんな子どもにおすすめです。

勉強に集中できない原因には、「わからない」というのも原因のひとつにあるのではないでしょうか。

子どもが「わからない」と言ったときに、「学校で習ったでしょ?」と言ったことはありませんか?

確かに習ったかもしれませんが、過去に理解できないままここまで来てた場合、何がわからないのかも自分でわからなくなります。
学校の授業は待ってはくれませんから、ますますわからないものが積み重なっていきます。

こうなってくると、もう勉強なんてやる気がなくなってしまいます。大人も同じですよね。苦痛でしかありません。

しかし、すららの無学年方式ですと、わからないところまでさかのぼって、そこから学習できます。過去のわからなくなったところから、確実に「わかる!」を積み上げていくことができる環境なのです。

「わかる!」ということが、楽しくて、気持ち良いということは、あなたにもわかりますよね。

成功体験ができるドリル機能

「聞いて(読んで)いたら分かった」はずなのに、成績が上がらないのは知識が脳に定着していないからです。

勉強は、

「知識を正しく理解する(インプット)
「理解した知識を定着させる(アウトプット)」

この二つを正しいステップで繰り返すことが大切です。

インプットよりも大事なのが、アウトプットです。そしてアウトプットの質が高くないと、なかなか本当の理解にはつながりません。

すららは60,000問以上の豊富な問題数に加え、問題が解けない根本的な原因を自動で見つけ出し、一人ひとりの理解度に合った問題を出題するため、自宅で1人でも進めることができます。

1.理解したらすぐにドリル・その場で添削

すららはレクチャーで理解した後にすぐにドリルが始まり、理解した記憶が鮮明なうちに定着してもらいます。間違えたらその場で添削、「何をどのように間違えたのか」を解説し、知識の定着をサポートしてくれます。

2.システムが自動判断する「つまずき診断」

すららは「解けない原因」を自動的に診断し、「今必要な問題」を出題するため、つまずきを確実に克服しながら次の単元に進めることができます。

3.一人ひとりに合わせて出題する「難易度コントロール」

学力に応じて、出題される問題の難易度が変化します。「簡単すぎず難しすぎない」問題が出題されることで、適度な達成感を得つつ自信を深めながら学習を進めることができます。

4.理解の定着を深める様々な問題形式

選択式しかないドリルはあてずっぽうで答えやすく、何度もやるうちに答えを覚えてしまいがち。すららはしっかりと理解を定着させるため記入式を採用しています。

時短で質の高い勉強ができる

中学3年間を例にあげますが、通常、中学3年間の3教科(国・数・英)の基礎学力習得には、1190時間が必要です。
しかしすららでは、アニメーションを使ったわかりやすい講義で、ひとつひとつ丁寧に積み上げながら365時間で完了します。
つまり中学3年間分の学習時間が、通常学習の約1/3に短縮できます。

もちろん学習時間には個人差はあります。ですが、すららでの学習の質の高さは、あなたや子どもの大切な時間をむやみに奪ったりはしないのがわかりますよね。

勉強だけでなく、部活や趣味、家族のコミュニケーションに時間を使うことも、できるはずです。

計画的に勉強できる

子どもは、一人ひとり、特性・特徴は様々です。
勉強を進めるにしても、「周りの子はこうだからうちの子もこう」という、特性・特徴に合わない計画では、うまくいきません。

すららでは、「すららコーチ」が子どもの特性をヒアリングし、それに合わせ学習設計をしてくれます。子どもに合わせ、プロが最適な学習設計をやってくれるのです。

通信教材をつかった家庭学習を試されたことはありますか?毎月届く通信教材が、山積みになっていませんか?

通信教材って数か月経つと、封も開けずに積み上がっている印象がないでしょうか?
実は、通信教材を使った家庭学習の70%が、3か月未満で挫折しています。

やる気の問題でしょ?」と考えてしまいがちですが、教材が自分のレベルに合っていないと、理解できずに手が止まり、質問できる相手もいないため、一人では続けられないのです。
たとえ教材がよくても、学習のための環境や仕組みは、自宅で用意する必要があるため、自力での家庭学習は非常に困難といえるでしょう。

すららでは、「個々に合わせた学習設計」・「飽きない学習システム」が用意されているため、なんと学習継続率89.1%という実に高い数値が出ています。

「うちの子は11%の中に入るかも…」

そんな心配もあるでしょう。そんな方は、まずは無料ですららを体験してみてはいかがでしょうか?なんと無料で体験できるんですね。子どもに合う・合わないを無料で試せるのも、私たちのことを考えてくれているんですね。

⇒無料ですららを体験してみる!

経験豊富な「すららコーチ」による手厚いサポートが、私たち親子を明るい未来へ導いてくれます。

子どもの可能性を信じる

子どもが集中して勉強に取り組むためには、勉強に対する興味・関心がとても大切だとお話しました。
このまま、勉強に集中できないままでいたらどうなると思いますか?
勉強が苦手になってしまい、将来の可能性を狭めてしまうかもしれません。

「蚤(ノミ)とコップ」の実験のお話をご存じですか?

ノミは30センチほどのジャンプ力があると言われています。体長が約2ミリのノミが30センチ飛ぶということは、人間でたとえると、170センチの人が255メートルの高さまで飛ぶことになります。すごいジャンプ力です。

そのノミをコップに入れ、ふたをします。ノミは最初はコップから出ようとジャンプするのですが、その度にふたにパンパンぶつかります。しかししばらくすると、パンパンとふたにぶつかる音がしなくなります。

ノミは「あっ、これ以上飛べないんだな」と、限界を決めてしまい、コップの高さ以上に飛ぶことをやめてしまうのです。ふたをとってもコップ以上の高さに飛ぶことはありません。本当は飛べるのに、それ以上飛ぼうとしないのです。

勉強でも、「あっ、これ以上無理。わからない。やめた。」と自分で簡単に決めてしまうことあります。学ぶことをやめてしまいます。

これって怖くないですか?可能性はあるのに、自ら学ぶことをやめ、将来の可能性を閉ざしてしまうことが。

ノミの話に戻りますが、限界を決めたノミが再び飛べるようになるには、もう一匹、ノミをコップに一緒に入れる事だそうです。それにより「飛べないノミ」は「飛べるノミ」の姿を見て飛べるようになるといいます。
ノミは自信を取り戻し、またチャレンジして、コップを飛び越えられるようになるのだそうです。

すららという教材で、飛べる環境を整えてあげることは、未来へ飛び立つ最初の一歩になるかもしれません。

毎日楽しそうに勉強する子どもの姿を見れるかもしれません。その時、子どもも、あなたも、きっと笑顔なはずです。

これからはパソコンを使ったアウトプット力も大事

2020年以降、大学入試を始め、あらゆる試験はCBT方式(パソコンで解答する形式)での実施に切り替わっていきます。

つまり、どんなに問題を解けるようになったとしても、それをパソコン上で早く正確に回答できるようにならなければ、点数に繋がりません。

パソコンでの回答に慣れるためには、タイピングはもちろんですが、マウスでの操作やモニター上で複数の情報を処理していく能力も必要となってきます。
また、今後はパソコンだけではなく、タブレットに代表されるタッチパネルでの入力方式にも慣れておく必要があるでしょう。

こうしたパソコンでのアウトプット力を習得するためには、普段からパソコンやタブレットで学習をするのが一番です。

すららは、学習計画を立てたり、レクチャーを受けたり、問題を解いたりする過程を、すべてパソコンまたはタブレットで行います。ですから、わざわざパソコンでの受験に慣れるトレーニングをする必要がなく、自然とCBT方式での受験にも対応できるのです。


「無料資料請求」・「無料学習体験」・「申し込み」は

こちらから

全国831校の学習塾と183校の私立学校が導入

勉強嫌いには「すらら」はオススメ!

利用者で、「成績(点数)があがってきた」「毎日勉強するようになった」という声は、生徒、保護者共にかなり多いです。

⇒利用者の声はこちら

一方的な学習ではなく、温かみのある、家庭に合わせてくれるすららの学習方法が、成功を体験させてくれます。
何より利用者は年々増加しています。それだけ満足のできる教材なのではないでしょうか。

まずは資料請求や無料体験からでもいいと思います。途中退会による違約金等も一切発生しません。

親である私たちがまずは一歩踏み出さないと、何も変わりません。親子で成功体験を増やし、今の勉強に関する悩みを終わらせましょう。

「偏差値30台でも、成績は上がる!

「無料資料請求」・「無料学習体験」・「申し込み」はこちらから

タイトルとURLをコピーしました