ワークマンのレインウェアでバイクに使えそうなものはある?

ワークマン

通勤や通学でバイクを使う方は、雨の日は悩みものです。ずぶ濡れで会社や学校に向かうわけにはいきません。

そこで、快適で雨の日でも気分が上がる、むしろ雨の日が待ち遠しくなるほどのレインウェアが欲しいところですよね。

とはいえ、バイク専門店などのレインウェアは高性能だけどそのぶんお値段もそこそこ。


「もっと安くて機能性も高いものはないのかな?」

そんな贅沢な悩みを解決してくれそうなのが、そうです、ワークマンのレインウェアなんです。

ワークマンはもともと職人の作業着を専門として販売していました。しかしレインウェアの機能性が高くて安いとバイク乗りの間で流行ったんです。


近年ワークマンにはおしゃれなレインウェアがたくさんありますが、バイクに使えそうなものはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ワークマンでバイクに使えそうなレインウェア

ここから、ワークマンにあるレインウェアで、バイクに使えそうなものをいくつかピックアップして紹介していきます。

機能性や価格を見て、あなたの使用環境にマッチしているかをチェックしていきましょう。

3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)

(↑画像をクリックするとワークマン公式オンラインストアで商品をチェックできます)


ワークマンでバイクにも対応する上下組のレインスーツがこれです。

3層構造生地(3レイヤー)で、外側は雨や風を内に入れない仕様。

https://workman.jp/shop/g/g2300067567026/




そして機能面で最初に確認すべきところはココ。

耐水圧:20,000mm
透湿度:2,000g/m2/24h

レインウェアの性能を示す「耐水圧・透湿度」を説明すると長くなるので、簡単に選ぶ基準だけをここではお話しておきます。

バイクの場合、下記の基準で選ぶのが一般的です。

通常の走行では、『耐水圧10,000mm』以上がオススメ

高速走行(80km)では、『耐水圧20,000mm』以上がオススメ

透湿度は、最低8,000g/m2/24h以上

これはいかにウェア内部に雨を浸透させないか(耐水圧)と、内側のムレを排出させるか(透湿度)の基準値です。


この基準からすると、ワークマンの「3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)」は、耐水圧はクリアしていますが、透湿度の数値は低めです。

つまり、「防水性は高いけど、ちょっとムレるのは我慢してね」といった感じでしょう。


では、「耐水圧・透湿度」以外の機能をみてみましょう。

まずは上着

・取り外し可能なフード付き
・フロントは2重前立て
・首と袖口の絞りアジャスターで雨風の侵入を防ぎバタつきを抑える
・ウエストの絞りアジャスターで風圧によるバタつきを抑える
・腕部分と腰部分に後方からの視認性を高める反射材・反射プリント付き
・立体裁断で腕を上げても突っ張らない仕様

https://workman.jp/shop/g/g2300067567026/


https://workman.jp/shop/g/g2300067567026/

バイクに乗る際に最低でも欲しい機能は、しっかりと装備されていますね。


次にパンツ

・裾が大きく開くワイドオープン仕様は、ブーツの脱ぎ履きに便利
・面ファスナーは3段階調整可能、バタつき防止にも役立つ
・裾部分に後方からの視認性を高める反射テープ付き

https://workman.jp/shop/g/g2300067567026/


靴を履いたまま脱ぎ着できるパンツは、当然ありがたい機能です。特に不満は感じませんよね。

また、持ち運びに便利な収納袋がちゃんとついています。なにげにこの収納袋は大事なんですよね。


ひとつ注意しておきたいのが、ポケット。ワークマンのこの商品には、上下ともにポケットはついていません。
どうしてもポケットが必要な方は、このレインコートはパスですね。


色はブラック、ライムグリーン、ロイヤルブルーの3色から選べます。(パンツの色はブラックのみ)
お値段は、上下セット税込み5,800円

3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)(ネイビー)

(↑画像をクリックするとワークマン公式オンラインストアで商品をチェックできます)


こちらは、上で紹介した商品の色違い。ネイビーです。

ただの色違い?と思いきや、よくみると

耐水圧:20,000mm
透湿度:3,000g/m2/24h


透湿度の数値が大きくなっています。


その他の機能はすべて上で紹介した商品と同じ。値段も同じ。税込み5,800円

色にこだわりがなければ、透湿度が若干でも高いこちらのレインウェアを選択したいですね。

ハードマスターレインスーツ

(↑画像をクリックするとワークマン公式オンラインストアで商品をチェックできます)


これはワークマンブランドの商品ではないのですが、ワークマンでも売っているバイクにも使えそうなレインウェア。

肩・ひじ・ひざ部分が補強されていて、ハードな作業に最適なレインスーツ。ハードな作業には最適かもしれませんが、バイクではどうでしょう。


耐水圧だけをみると20,000mmとなっているので、バイクのレインウェアとして使えそうな気はします。

しかし、透湿度の表記がありません。つまり透湿なしと考えてよいでしょう。とはいえ、裏メッシュ仕様なので、多少ムレを軽減してくれそうです。


袖部分は、アーチ型二重袖口で雨の侵入を防いでくれるので、バイクに使う場合はここは嬉しいところ。

https://workman.jp/shop/g/g2300067524029/



耐水圧は問題ないとしても、ムレがちょっと気になります。とはいえ、バイクにも使えなくはなさそう。お値段は上下セットで、税込み3,973円。安い!バイク用として使うなら安い。

バイクでの移動距離が短い方は、これも候補としてはアリでしょう。しかし長い時間これを着て乗る場合は、ムレを覚悟する必要はあるかもしれません。

レインフィットガードレインスーツ

(↑画像をクリックするとワークマン公式オンラインストアで商品をチェックできます)


バイク用に作られたものではないと思いますが、もしかしたらバイクにつかえるかも!?という商品です。


耐水圧は10,000mmで、バイクでの通常走行では問題ない数値です。
透湿度の表記はないので、多少のムレはあるでしょう。とはいえ裏はしっかりメッシュ。

ひじ、ひざにダーツを採用。屈伸運動を容易に。
・ブーツ用カバー付きのレインウェア。

袖口が二重で、雨の侵入を防ぐ
・裏メッシュ仕様でムレを軽減。


ダーツ加工とは服を体にフィットさせるために、布をつまんで縫い、立体的にする手法のことです。

仕事などの作業だけでなく、バイクや自転車に乗る場合でもこのダーツ加工は嬉しいポイントです。


そしてお値段は、税込み2,546円!これがバイクで使えるなら言うことナシのお値段。ちょっとした距離くらいならいけるかもしれません。


ワークマンには耐水圧10,000mmクラスのレインウェアはたくさんあるのですが、その中でもなぜこの「レインフィットガードレインスーツ」をここで紹介しているかというと、ちょっと気になるレビューがあったんですよね。


次はそれぞれのレビューをみていきます。

みんなの感想や口コミは?

ワークマンの「3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)」と「ハードマスターレインスーツ」「レインフィットガードレインスーツ」の感想や口コミをいくつかみてみましょう。

3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)の口コミ



Twitterでは、使ってみて「良い」という感想が多かったのですが、ワークマン公式オンラインストアでのレビューでは「漏れてくる」というレビューもいくつかあります。
縫い目にシームテープはしてありますが、股部分など負担がかかる箇所の縫い目から浸水する可能性はあるかもしれません。
あまりタイトなサイズ選びをしてしまうと、股~尻に負担がかかるため、購入の際にはサイズ選びも重要になりそうですね。

また浸水してきた場合、シームテープを使って自分で補修するのも良いでしょう。


みなさんのレビューを読んでいて意外だったのが、透湿度に関してはあまり悪い口コミがなかったことです。使う環境にもよると思いますが、思ったほど蒸れは感じないのかもしれません。

ハードマスターレインスーツの口コミ

あまり多くの口コミはありませんでしたが、バイク用としてハードマスターレインスーツを使うのもアリかなと私は思います。


バイク用に購入しました。バックパックの上から着るため3サイズ上の3Lを使用しています。175cm65kgで普段はLサイズです。フードは外したきりで装着したことはありません。4000円で十分な機能だと思います。

https://workman.jp/shop/g/g2300067524029/#

レインフィットガードレインスーツの口コミ

色々調べてみたんですが、この商品の口コミなどはワークマンのオンラインストアだけでしか見つけることできませんでした。
そのレビューがこちら。

耐水圧10,000mmでツーリング使用。十分でした。
令和2年夏に購入後、毎日のように降る雨の中ひたすら通勤で使用。尚且つ、9月に埼玉から伊豆半島の南まで出て戻ってくるルートを走行した際(下道で)、天気に恵まれず約10時間ほど雨に打たれっぱなしでしたが、上も下も浸水せず性能におどろくばかり。本当に耐水圧10,000mm…!?15,000mmあるはずのイージスなんか股下ビッチョビチョになるのに!凄い!! バイカーズを買うお金をケチってコチラを買いましたが、まさかの大当たりでした。現在はバイカーズジャケットのMサイズにコチラのカッパのLLを上から着て雨の対応をしています。

https://workman.jp/shop/g/g2300067539016/#


なんかこういう感想聞くと、「ほんとかな?」と思う反面、「本当であってほしい」と期待感が高まり、すごく試したくなりますよね。

バイク用レインウエア選びのポイント

上でも少し触れていますが、ワークマンに限らず、バイク用のレインウェアを選ぶ際に気をつけておきたいことをまとめておきます。

確認するポイントは3つ。

「耐水圧」と「透湿度」
サイズ選び
収納性

「耐水圧」と「透湿度」

まずは最初に確認したいものが、耐水圧と透湿度。

バイク用としての基準は、

耐水圧:通常走行では10,000mm以上、高速走行(80km)では20,000mm以上がオススメです。

透湿度8,000g/m2/24h以上あると蒸れにくく快適です。


基本的に、この数値が大きくなればなるほど、お値段もそれなりに高くなっていきます。あなたの走行シーンに合わせて選びましょう。
例えば、通勤に15分程度ならば、そこまで数値にこだわる必要もないでしょう。高いお金出して高性能のレインウェアを買ったとしても、その性能が発揮される前に目的地に着いちゃいます。
逆に仕事で一日乗るような場合や、ツーリングなどのシーンでは、この数値の性能が大事になってきます。

サイズ選び

サイズを選ぶ際は、1~2サイズ大きいものを購入しましょう。

レインウェアは服の上から着るものなので、ぴったりサイズだと窮屈ですし、それが原因で破れたりもします。

ワンサイズ大きいものを着るので、あまった袖や裾のバタつきが気になる方は、アジャスター付きのレインウェアがオススメです。

収納性

収納性も大事なポイントです。

コンパクトに収納できれば持ち運びは楽ですし、突然の雨にも備えることができるし言うことナシですよね。
また、脱いだレインウェアを駐輪場の自分のバイクに掛けて置いたりすると、盗まれたりするかもしれません。
収納袋が付いているかどうかの確認も忘れずにしておきましょう。

まとめ

ワークマンのレインウェアは高性能なものがたくさんありますが、バイクにつかえそうな、「3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)」と「ハードマスターレインスーツ」、「レインフィットガードレインスーツ」を紹介しました。

商品名耐水圧透湿度価格(税込み)
3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)20,000mm2,000g/m2/24h5,800円
3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)
(ネイビー)
20,000mm3,000g/m2/24h5,800円
ハードマスターレインスーツ20,000mm3,973円
レインフィットガードレインスーツ10,000mm2,546円

人それぞれ使用環境に違いもあり、一概にこれがいいということは言えませんが、ワークマンの良いところは、安さと、お値段に似合わない機能性の高さだと思います。

もちろんバイク専門でレインウェアを作っているところと比べたら「う~ん…」と悩むこともあるでしょう。


バイク専門店で買うのも手堅いけど、ワークマンも捨てがたい!

あなたに最適な、そして満足のいくレインウェアが、見つかりますように。
またレインウェアだけでなく、バイクのメンテナンスもしっかり行い、雨の日も安全運転で。


関連記事

ワークマンのカッパ リュック対応でクールにキメル!
雨の日の自転車では、カッパを着て体が濡れるのを防いでいても、気になるのがリュックですよね。「体は濡れてもいい!だけどリュックはイヤだ!」特にレザー素材が使用されたリュックを普段使っている人は、何が何でも濡らしたくないことで...
ワークマン レインウェアのレディースは自転車でもおしゃれに着れる
雨の中の自転車では、傘がさせないのでレインウェアは必須のアイテムです。しかし、いかにも「カッパ」という感じのものを着るのには抵抗がありますよね。少しでもおしゃれなものが着たいものです。かといってなかなか気に入ったデザインのレインコ...
ワークマンの靴は神的コスパ!人気のメンズシューズを厳選しました!
ワークマンの店舗に行くと、「えっ?こんなにあるの?」と、安全靴も含め、思った以上に「靴」があることに驚かされます。そしてどれも安い!豊富なデザイン、機能性、そして安さを目の当たりにすると、どれを買おうか非常に悩んでしまいますよね。「SNS...
ワークマンの安全靴も980円って本当ですか?
ワークマンのキャンパスシューズがSNSで話題になりましたが、なんとワークマンでは、安全靴も980円で買えるんです!「安全靴が980円?大丈夫なの?」ちょっとこのあたり気になりますよね。倉庫作業や運送業など、荷物を整理したり...
ワークマンの靴下 5本指はやみつきになる履き心地!
ワークマンには、ジャケットやパーカー、靴など機能性や安全性の高いアイテムが、手頃なお値段で並んでいます。そんな中、ジャケットやパーカーの人気に埋もれながらも、高機能で、使える5本指ソックスがあるんです!それがこちら↓...
ワークマンのマスクで冷感のものはある?
外出時には、マスク着用が当たり前になってきています。そんな中、接触冷感・吸水速乾・抗菌防臭など、各メーカーから機能にすぐれた夏用のマスクが続々リリースされています。そこでコスパに優れたワークマンにも、冷感マスクはあるのか?と気にな...




タイトルとURLをコピーしました