ギター 弦の張り替えに便利な道具~長寿アイテム~

ギター

ギターの弦を張り替えるときには、弦を切るニッパーだけがあればいいというものではありません。
もちろんニッパーさえあれば、とりあえずは弦交換できるのですが、弦を外した時にしかできないことも、あります。

初めて弦の張り替えをする方は、どんな道具が必要で、どんなものをみんな使っているか気になるところですよね。

ここでは、エレキギターの弦交換の時に、必要なものや、あると便利なものを紹介していきます。

弦交換している時に、「しまった!あれ用意するの忘れてた!」とならないように、必要なものは弦の張り替え前に、揃えておきましょう。

スポンサーリンク

弦の張り替えにあると便利な道具

弦の張り替えの時に、必須なものや、あると便利な道具をここでは紹介します。

まずは弦を用意しないことには、弦の張り替えはできません。
弦も種類が豊富なので、何がいいのかわからないと思います。しかし、弦も好みですので、いろいろ試して、自分がしっくりくるものを見つけるしかありません。

定番はコレ↓

世界中のトップギタリストから、圧倒的な支持を得ている世界標準の弦が、Ernieball(アーニーボール)のギター弦です。何を選んでいいかわからない方は、まずこれから試してみましょう。

ニッパー

弦を切るためのニッパーは、弦の交換では必須アイテムです。こちらがおすすめ。

刃こぼれなど、耐久性を気にしないのであれば、100均などのニッパーでも代用できます。しかし、「いざ!」って時に、使い物にならなくなる場合もあるので、スタジオに行く時などは、しっかりしたものを用意しておくと、安心です。

ペグワインダー(ストリングワインダー)

弦を交換するときに、素早く弦を緩めたり、巻いたりすることができる道具。弦の張り替えを少しでも楽してしまおうという、“あると便利”なもの。

弦の張り替えは、慣れてくると、面倒に感じてしまうこともあるんですよね。しかし一度これを使うと、手放せなくなります。(手でペグを回すの結構大変です)
想像以上に、弦交換が、はかどりますよ!

ニッパーとペグワインダーをひとつにしたアイデア商品もあります。

ギターピロウ

弦の張り替え時に、作業をしやすくする道具。

チューナー

これは、必須。もし何かの間違いで「おれ、チューナー持ってないよ」という方は、今すぐ買いましょう!
チューナーも種類が豊富ですが、迷ったらコレがおすすめです。壊れにくく、視認性がかなり良いです。

カード型のチューナーの方が良い方は、こちらがおすすめ!

弦の張り替え時の手入れ道具

ギターの指板やフレット、ヘッド、ピックアップ周辺、ブリッジなどは、弦が張ってある時には、手入れがしづらいですよね。
気づいたら、結構ほこりがたまっているのではないでしょうか?

弦を取り外したら、普段手入れができないところを、綺麗にしましょう。

綺麗になると、気持ち良く演奏できます。ギターがうまくなったような気がしてくるんですよね。

ギタークロス

ギターは、弾くと手の皮脂や汗が、汚れとして付着します。ほこりも付着しやすいですよね。
ギターを弾いたあとには、ボディやネックを、クロスで拭いてあげるとギターを綺麗に保てます。普段は弦が邪魔して手入れできないところを、弦の張り替え時に、手入れします。

ボディ用と弦用など、使い分けるのも良いでしょう。

レモンオイル

ボディや、指板の汚れを取る役割を持つオイル。クリーニング効果と保湿効果の両方があるので、最低これだけでも手元に置いておきたいもの。クロスにつけて指板を手入れします。
注意点ですが、ラッカー塗装のギターやベースには使用しないでください。

指板専用のクリーナーもあります。汚れ落としに特化したものなので、レモンオイルでとれない汚れは、このようなクリーナーをつかうのも手です。クリーナーで汚れを落としたら、レモンオイルなどで、“保湿”します。

フレットの手入れ道具

弦交換の時に、毎回する必要はありませんが、フレットがくすんだりしてきた時には、弦の張り替えついでにやっておきたい作業です。クロスなどにつけてフレットを磨きます。フレットがピカピカになると、ギターが新品のように、みえますよ。

ペグや、ブリッジなど金属部分すべてに使えます。ピカールでも大丈夫です。

プレートを使うか、マスキングテープで指板を保護し、フレットを磨いて綺麗にします。

ナットソース

ナットソースは、ナットの溝や、ブリッジサドル、ストリングガイドなどに塗りつける潤滑剤です。
弦とナットの摩擦をなくし、チューニングの安定を目的としたものです。弦を張り替えるときには使いたいアイテムです。

指板(弦)潤滑剤

弦を張ったあとに使いたい道具。
弦と指の摩擦を軽減し、フィンガリングをスムーズにしてくれる、潤滑スプレーです。
汚れやサビを除去する効果もあるので、普段から使用していれば、弦の劣化が軽減できるでしょう。指板面に直接スプレーするか、もしくは、いったんクロスに吹き付けてから弦に塗布すると効果的です。

こちらは、弦だけに塗って使用するタイプ。スプレーと違って飛び散らないのが良いところ。弦の滑りを良くし、防錆効果もしっかりあります。

ポリッシュ

弦を張り替え綺麗にしたなら、ボディも綺麗に手入れしたいところ。

ポリッシュは、ギターの塗装の違いで、使い分けるのが一般的です。

定番でおすすめなのは、コレ。※これはオイルフィニッシュには使用できません。

手元にあるギターが、ラッカー塗装ならば、こちらのポリッシュがおすすめです。


こちらは、オイルフィニッシュ用。オイルフィニッシュのギターにはコレを使いましょう。ワックスオイルというかんじです。

関連記事

ギター 弦高の測り方~弾き心地がグンとよくなる~
ギターの弾き心地に影響を与える要素の一つに、弦高(げんこう)というものがあります。「弦高が高いから、弾きづらい」と感じることもあります。しかし、弦高を高めにセッティングすると、音色に艶やハリを感じられることが多いので、一概に“弦高...
ギター 弦の張り替え時期の目安
ギターの弦の張り替え時期は、張り替えた時からおよそ2週間ほど経った頃だと、一般的に言われています。実際、弦を張り替えた直後の音と、2週間後の音は、あきらかに違いますよね。張り替えてすぐの音は、ハリがあって、クリアな音質です...
ギターのチューニングが合わない時にやってみることは?
ギターのチューニングが合わない、安定しない場合におすすめのものが、「ナットソース」です。ナットの潤滑剤です。チューニングしている時に、「ピキッ」「ピキピキッ」という音、聞いたことありますよね?初心者の頃は「何の音だろう?どこからの音だろう...
ギターの半音下げチューニングのやり方
“ Half Step Down Tuning”このような文字を、ギターのスコア等で見かけたりすることもあるかと思いますが、初心者の方は何だろう?と思ったりするかもしれません。私も最初は何のことだかわかりませんでした。“ Half...
ギター コードが簡単な曲~洋楽が楽しくなる!~
洋楽ってギターがすごく難しそうなイメージがありませんか?英語の歌詞のせいか何なのかよくわかりませんが、「どうせ洋楽なんて難しい曲ばかりだろ?」というイメージを私はもっていた時もありました。そもそも邦楽ばかり聴いていたら、「...
ギター 音作りの基礎~手に入れたい自分の音~
ギターの音作り、うまくできていますか?自分のイメージする音ってなかなか出せなくて、どうしていいか分からなくなりますよね。私がギター始めた頃は、とにかくコードを押さえることや、フレーズが弾けるようになることに夢中で、音に関し...
ギターできれいな音を出す為の基本ステップ!
ギターを始めたばかりの方は、なかなか綺麗な音が出ずに「本当にこれでいいのかな?」と疑心暗鬼になりながら、練習している方も多いのではないでしょうか。綺麗な音を出すといってもエフェクター等を使って綺麗な音を出すということではなく、ここでは、「...
ギターのピッキングの角度や位置は?~表現豊かな演奏を~
ピッキングの角度などを意識したことはありますか?私はギター始めた頃はその違いもよく分からず、ただただ、左手に夢中だった気がします。弦に対して、ピックをどのような角度で当てるかを“ピッキングアングル”と言います。...
ギターのピックの持ち方~まずはこれから~
ギターを弾いていると、ついつい左手(運指)に意識がいってしまいがちですよね。しかし音色のニュアンスを左右する、ピッキングフォームも結構大事です。ここでお話しするピックの持ち方は、おもに演奏性を左右します。ピックの持ち方には...
タイトルとURLをコピーしました