ギター 弦の張り替え時期の目安

ギター

ギターの弦の張り替え時期は、張り替えた時からおよそ2週間ほど経った頃だと、一般的に言われています。

実際、弦を張り替えた直後の音と、2週間後の音は、あきらかに違いますよね。

張り替えてすぐの音は、ハリがあって、クリアな音質ですが、2週間ほど経つと、音の伸びも悪くなり、こもった感じの音になっていきます。
このあたりが、弦の張り替え時期だと一般的に言われています。

とは言え、いまいち納得できないのもわかります。

「そんなに弦を買うお金ないよ!」「毎日弾いているわけじゃないけど?」「2週間に一度なんて面倒くさい!」

このように思う方も多いでしょう。私もその一人です。

ですので、自分の中で弦を張り替える“目安”を作ってしまいましょう。

その“目安”となるものを、これからお話していきます。

スポンサーリンク

チューニングが合いづらくなったら張り替え時期

弦が古くなってくると、サビなどが原因で、チューニングが安定しなくなってきます。チョーキングをするとすぐに音が狂ってしまうような状態です。

しかし、普段あまりチョーキングを使わない曲ばかりを練習していたら、気づきにくいかもしれません。

そこで、わかりやすい判断基準が、オクターブチューニングです。

弦がサビてくると、オクターブチューニングがずれてきます。
サビた古い弦では、オクターブチューニングが合いません。どれだけ頑張って調整しても、全然合いません。

ですので、オクターブチューニングがズレていたら、張り替え時期です。これを目安としましょう。

しかし一つ問題があります。

それは、普段から、オクターブ調整がきちんとされているギターで弾いていないと、判断基準にならないということです。
オクターブ調整は、自分でもできます。オクターブ調整をしっかりとしたギターを弾いていると、弦が古くなったときに、音程のズレを感じることもできますし、それが弦の張り替え時期の目安ともなるのです。

サビが出ていたら張り替え時期

弦の張り替え時期の目安として、“サビが出ていたら弦を張り替える”とするのも良いでしょう。

ギターの弦は、新しく張った瞬間から、すぐに劣化が始まります。弦を袋から出した時は、すごくキラキラと輝いていて、「わー!ピカピカだー!」とテンション上がるのですが、弦を張り終わったあと、よーく見ると、すでに黒ずんでる箇所もあったりして、その劣化の速度に驚かされます。

弦を張ってる最中の、手の汗や脂などの影響です。そして、たとえ弾かずに放置しているだけでも、ギターの弦は、空気中の酸素によって、酸化=サビが始まるのです。

初心者の方などは、どの程度(見た目)だったら張り替え時期なのか、判断に迷うこともあるでしょう。

そんなときは、

  • 光沢があるかないか(曇ったような感じになっていないか)
  • 弦が黒くなっているかどうか(1~3弦がわかりやすい)

これを判断基準にしましょう。

このような状態の弦だと、音が、曇った感じのトーンになっていたり、サスティン(音の伸び)が短くなっていたりするはずです。

また、チョーキングやビブラートもひっかかる感じがしたり、ひっかかる感じがしているということは、サビでフレットを削っているということです。

こんな状態ならば、弦の張り替えをすべきでしょう。ギターにも優しいです。

「弦の劣化は早いし、すぐにサビちゃうんだから、結局2週間ぐらいの交換が必須なの?」

と思うかもしれませんが、いえいえ、ちゃんと劣化を遅らせる方法もあります。

弦を長持ちさせるには

弦を長持ちさせるには、フィンガーイーズなどの、指板潤滑剤をつかいます。

指板潤滑剤には、防サビ効果もあります。

弦を長持ちさせる方法

ギターを弾いたあとに、まずウエスなどで、汗や脂をふき取ります。

その後、ウエスに指板潤滑剤を、「シュッ」と少量吹き付け、その吹き付けた部分で、弦を一本ずつ、つまんで拭いていきます。
なぜつまむのかというと、弦の裏側のサビも防ぐためです。弦をつまんで拭くと、表だけじゃなく裏側もちゃんと拭けるからですね。

この方法だと、2~3ヶ月はサビずに持ちます。しかも指板潤滑剤ですので、毎回この手入れを行っていれば、弾き始めからスムーズな弾き心地です。

指板潤滑剤で、弦に直接ぬりつけるタイプのものも、ありますよね。

もちろんこれでも同じように、弦にぬりつけたあと、一本ずつ、つまんで拭いていくのも効果あります。ただ、弦の裏側が……ちょっと気になるところですが、何もしないよりは全然良いでしょう。

ライブ前はどうする?

ライブ前は弦の張り替え時期なのでしょうか?

私は、弦を張り替えた直後の音は、あまり好きではありません。1週間ほど経ったあたりの音が一番好きなんです。
ですので、私はライブなどの1週間前が、張り替え時期になります。

では、弦を張り替えた直後の音が好きな方は、ライブ直前に張り替えた方が良いのでしょうか?

これにはやや不安があります。弦を張り替えた直後は、弦が伸びきっていないため、チューニングが安定しません。
ですので、少なくともライブ前日に張り替え、弾きならしておくのが無難でしょう。

まとめ

弦の張り替え時期の目安

・オクターブチューニングが合わなくなった時

・弦に光沢がなくなったり、黒くなった時

毎回ギターを弾き終えたあとに、指板潤滑剤による手入れを行えば、弦を長持ちさせることができます。

手入れを行いつつ、そのうえで「オクターブチューニングが合わなくなった」「弦に光沢がなくなった、黒くなった」時が、弦の張り替え時期です。

一般的に言われている、2週間という時間を目安にするのも、決して悪いわけではありません。
しかし今回お話した内容を考慮し、自分の張り替え時期の目安というものを作るのも、アリですよ。

関連記事

ギター 弦高の測り方~弾き心地がグンとよくなる~
ギターの弾き心地に影響を与える要素の一つに、弦高(げんこう)というものがあります。「弦高が高いから、弾きづらい」と感じることもあります。しかし、弦高を高めにセッティングすると、音色に艶やハリを感じられることが多いので、一概に“弦高...
ギター 弦の張り替えに便利な道具~長寿アイテム~
ギターの弦を張り替えるときには、弦を切るニッパーだけがあればいいというものではありません。もちろんニッパーさえあれば、とりあえずは弦交換できるのですが、弦を外した時にしかできないことも、あります。初めて弦の張り替えをする方は、どん...
ギターのオクターブ調整のやり方
ギターを弾いている時、どうも気持ち悪い。チューニングは合ってるのにどうも音程がおかしい気がする。そういう経験ありませんか?そんな時はオクターブ調整を疑ってみましょう。オクターブ調整をしっかり行うことで解決します。初心者の方...
ギターの半音下げチューニングのやり方
“ Half Step Down Tuning”このような文字を、ギターのスコア等で見かけたりすることもあるかと思いますが、初心者の方は何だろう?と思ったりするかもしれません。私も最初は何のことだかわかりませんでした。“ Half...
ギターのピッキングの角度や位置は?~表現豊かな演奏を~
ピッキングの角度などを意識したことはありますか?私はギター始めた頃はその違いもよく分からず、ただただ、左手に夢中だった気がします。弦に対して、ピックをどのような角度で当てるかを“ピッキングアングル”と言います。...
ギターできれいな音を出す為の基本ステップ!
ギターを始めたばかりの方は、なかなか綺麗な音が出ずに「本当にこれでいいのかな?」と疑心暗鬼になりながら、練習している方も多いのではないでしょうか。綺麗な音を出すといってもエフェクター等を使って綺麗な音を出すということではなく、ここでは、「...
ギター コードが簡単な曲~洋楽が楽しくなる!~
洋楽ってギターがすごく難しそうなイメージがありませんか?英語の歌詞のせいか何なのかよくわかりませんが、「どうせ洋楽なんて難しい曲ばかりだろ?」というイメージを私はもっていた時もありました。そもそも邦楽ばかり聴いていたら、「...
ギターのチューニングが合わない時にやってみることは?
ギターのチューニングが合わない、安定しない場合におすすめのものが、「ナットソース」です。ナットの潤滑剤です。チューニングしている時に、「ピキッ」「ピキピキッ」という音、聞いたことありますよね?初心者の頃は「何の音だろう?どこからの音だろう...
バックトゥザフューチャーのあのギターに興味ある?
映画『Back to the Future』で、タイムスリップしたマーティが、「魅惑の深海パーティ」のステージで引いた曲がチャック・ベリーの名曲『ジョニー・ビー・グッド』。この時に、マーティが弾いていたギター、すっごくカッ...
タイトルとURLをコピーしました